トピックスTOPICS

2018/06/16

※本記事は公開日時点の内容に基づきます

お宮参りって何をすれば良いの?

お宮参りって何?

お宮参りとは、赤ちゃんが無事に生まれたことを報告し、今後の健やかな成長と幸せを願って、生まれた土地の守り神である氏神様にお参りする行事です。
赤ちゃんと一緒に、家族みんなで神社にお参りに出かけましょう。
お参りの時、主役の赤ちゃんは掛け着と呼ばれる着物を羽織るのが一般的です。forkidsでもお参り用の掛け着のレンタルを承っております。

お宮参りはいつするの?

男の子は生後31日、女の子は生後32日にお参りに行く地域が多いようですが、天候やママの体調などに合わせてお参りの日程を決めるのが良いでしょう。
赤ちゃんが夏生まれや冬生まれの場合は、赤ちゃんの負担にならないように暑さや寒さが厳しい時期を避けて、気候が落ち着いた頃にお参りしましょう。

お宮参りの神社選び

七五三はその土地の氏神様に子どもの健康と成長を願う行事なので、一般的には「近所の神社」にお参りしますが、最近は少し遠くても「有名な神社」にお参りに行くご家族が増えています。
有名な神社の場合は、安産や子育てのご利益がある神社が人気。出産のお礼参りも兼ねて、妊娠中に安産祈願に行った神社を選ぶご家族もいらっしゃいます。
ご祈祷は神社によってさまざまで、完全予約制のところもあれば当日の申し込みのみの神社もあるので、事前に確認しましょう。
予約可能であれば先にご祈祷の予約を取っておくことをおすすめします。

【外税表記への変更のお知らせ】

2019年9月30日までは消費税8%分を含んだ内税表記、2019年10月01日からは外税表記とさせて頂き別途消費税10%頂戴いたします。